Butabana

2013/04/23

犬を飼うと仕事の生産性が上がる4つの理由


自動化サービス「Zapier」のCEOであるWade Fosterさんは、共同設立者のBryanさんの
旅行中に彼の愛犬「トゥナ」の世話をすることとなりました。トゥナとの生活で
気づいたことがあったそうなので、そのストーリーを紹介します。



トゥナはきちんとしつけられている犬だったし、妻も私も犬が好きだったので
一緒に過ごせてとても楽しかったです。

預かる前はやらなければならないことが少し増えるだろうなと思っていました。
しかし、トゥナの世話をすることは、面倒どころか仕事の効率を良くしてくれていると
気づいたのです。今回は、犬の世話がどのように仕事の生産性を上げたのかを説明しましょう。

1.スケジュールを守るようになる
2.無理やり休憩をさせてくれる
3.いい運動になる
4.幸せをたくさん感じられる

*+*+ マイナビニュース +*+*
http://news.mynavi.jp/news/2013/04/22/272/index.html


犬の癒し効果を利用したセラピー ドッグセラピー

ドッグセラピー(英語:Dog Therapy)とは、動物を使った治療方法であるアニマルセラピーの一種で、高度に訓練された「セラピードッグ (Therapy dog) 」を介在させることにより、高齢者や認知症、自閉症など様々な障害を持つ人々に対し心や身体のリハビリテーションを目的としたプログラムを実施することである。広義では、一般の人々が犬と触れ合うことによって精神的情緒的安定や、身体的な運動機能回復効果が得られることを目的とした活動。もしくは様々な虐待、遺棄、ストレス等によって傷ついた犬に対し、人間社会との共存を目的とするリハビリテーションに対しても使われることがある。

ドッグセラピーを一定期間続けることによって、「記憶力の改善」など認知症の改善や「反応する」「笑う」「発語」「車椅子からの自足歩行」「自力によるトイレ利用」など反応や行動に変化がみられた。

http://ja.wikipedia.org/wiki/ドッグセラピー
ドッグセラピー - Wikipedia



Right!&Left! こうするのよ!