Butabana

2013/04/23

「単行本80万部のヒットと同等」 ブラよろ2次利用フリー化効果で月650万円の利益、佐藤さん明かす


漫画家の佐藤秀峰さんは、昨年9月に「ブラックジャックによろしく」を2次利用フリー化してから半年間で、自身の作品の電子書籍売り上げからのロイヤリティ収入が約3700万円に上ったとブログで明らかにした。
 無料公開された同作品を読んだ人が「新ブラックジャックによろしく」など佐藤さんのほかの作品に興味を持った結果、電子書籍の売り上げが飛躍的に伸びたという。2次利用に関連してイラストの依頼などもあり、これをプラスすると月額平均650万円前後の利益が発生。「漫画単行本の印税に置き換えると80万部のヒットを飛ばしたのと同程度の金額」という。
 ソフトバンクモバイルの広告「ホワイトジャックによろしく」にパロディ漫画が使われるなど、2次利用も活発に行われており、これまで200件以上の利用があったという。広告に利用するために「ブラよろ」新作を描き下ろしてほしいという依頼も増えるなど、2次利用フリーをきっかけに読者もビジネスも拡大している。
 2次利用フリー化は、「著作権にとらわれずに著作で利益を得るための実験」としてスタート。「もし実験が成功すれば、後に続く人も出るかもしれない」と、売り上げなどの数字をできるだけ公開するようにしているという。
引用元
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1304/22/news128.html

『ブラックジャックによろしく』は、佐藤秀峰による日本の漫画作品、またそれを原作とした同名のテレビドラマ。研修医が目にする日本の大学病院や医療現場の現状を描く。医療監修は長屋憲。

http://ja.wikipedia.org/wiki/ブラックジャックによろしく
ブラックジャックによろしく - Wikipedia




二次創作の許可だけにとどまらず、作品自体の二次利用まで許可するのは異例の試みだった。

漫画「ブラックジャックによろしく」が著作権フリーに――「あらゆる作品の二次利用をどなたにでも認めます」

漫画「ブラックジャックによろしく」が著作権フリーに――「あらゆる作品の二次利用をどなたにでも認めます」 漫画「ブラックジャックによろしく」が9月15日より二次利用自由になる。作者・佐藤秀峰氏のTwitterによると、「アプリ化してデータを販売することも、アニメ化、映画化、テレビドラマ化を行ない商業作品として上映することも、関連グッズを制作して販売することも、同人で二次創作を行なうことも、あらゆる作品の二次利用をどなたにでも認めます」とのこと。
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1208/20/news094.html
漫画「ブラックジャックによろしく」が著作権フリーに——「あらゆる作品の二次利用をどなたにでも認めます」 - ねとらぼ