Butabana

2013/04/21

隣の県のクマに負けるな!?宮崎県のキャラクター「みやざき犬」、じわっと浸透中

宮崎県のシンボルキャラクター「みやざき犬」の関連商品の売り上げが、2012年の1年間で少なくとも8448万円あった ことが県の調査で分かった。半年で118億円を稼いだくまモンには遠く及ばないが、県の担当者は「じわっと浸透してきている。
PRと売れ行きの相乗効果に期待している」としている。

 みやざき犬は11年11月に誕生。売り上げ調査は、イラストを商品に使用する52社にアンケートし、32社から回答を受けた。 最も多かったのは地鶏のパックやお菓子などの食品類が107点で7293万円。ノートやタオルなどのグッズ類が37点で
1077万円などだった。

 県は、特定商品の直接的な宣伝などでない限り、事前申請を受けて無償で使用を許可している。イラストの使用許可は、 今年3月末までに計293件となった。

 県オールみやざき営業課の担当者は「みやざき犬をつけたことで売り上げが伸びたという声も聞く。くまモンとまでは いかなくても、もっと有名にして、宮崎の商品がより売れるようにしていきたい」と話している。

ソース(朝日新聞)
 http://www.asahi.com/national/update/0419/SEB201304180067.html?ref=rss



くまモン人気はまだまだ続きそうです。