Butabana

2013/04/21

日本の俳優えなりかずき、度を越した韓国卑下発言広がる


日俳優えなりかずき度越えた韓国卑下発言‘一波万波’

[ニュースエン イ・ナレ記者]

日本の放送人えなりかずきが韓国卑下発言をした。
日本の有名子役出身俳優えなりかずきは4月13日に放送された日本西部地方放送局の‘たかじんのNOマネー
ゴールド’で「韓国が嫌いだ」、「どんなことでも不利ならば反日感情を引き込むな」と韓国を卑下して眉をひそめさせた。

‘毒舌王決定戦’というタイトルで進行されたこの日の放送では、出演ゲストらが普段不満に思ったことを主題として 提示し、それに対して強力に毒舌を浴びせた。この過程で俳優のえなりかずきは韓国の国民感情と反日感情に対 して怒りを炸裂させた。

えなりかずきは「韓国が嫌いだ。韓国の逆ギレの姿に腹が立つ」と話した後、自分だけのいくつかの根拠を挙げた。

えなりかずきは「韓国は自信過剰だ。例えば半国有(半分は国家が主人の)巨大企業が出てきて、何でも韓国が世界 1位だという。また、韓国は5,000年の歴史があると主張するが話にもならない。聞いたこともない話だ」と話した。

それだけでなく「最も腹が立つのは韓国政府が国民の反日感情を利用するという点だ。韓国政府は政権が不安に なるとすぐに反日感情を煽る」と大韓民国政府まで根拠なく非難した。

えなりかずきの韓国卑下発言はますます程度が激しくなった。えなりかずきは「最も衝撃的なのはスポーツにナショ ナリズムを持ち込むことだ。例えばWBCで韓国と日本が競技をしたことがあるが、日本に勝つと韓国チームがマウ ンドに太極旗をさした。ワールドカップでは勝利セレモニーで‘独島(トクト)はわが領土’という話をしなかったか?
この頃、韓国が本当に嫌いだ」と話した。

また「韓国が剣道や柔道の宗主国は自分たちだと主張するたびに理解できない。私に韓流ドラマの出演要請が入っ てきても私は多分出ないだろう」と自身の意思を曲げなかった。

引き続き、えなりかずきは「放送で嫌韓感情を報道する姿が東京と大阪はずいぶん違う。例えば東京の放送では 竹島(独島を称して)という単語は放送で禁忌語だ。しかし、大阪ではそのように言わないではないか?」とも言った。

興味深いのは、この日のえなりかずきの韓国卑下発言に対応するMCと他のゲストの姿だ。この放送は本来、程度 の高い非難と毒舌が行き来することで有名だ。しかし、MCはえなりかずきに「そこまで言っても大丈夫なのか?」、 「韓国も日本もお互いに高いプライドと劣等感を同時に持っているのは全く同じだ」と用心深い姿を見せた。

また、えなりかずきが「韓国は歴史的に自分たちが優れていると考えている」と言うと、あるゲストは「日本でもジン ギスカンが日本で死んだという話にもならない話もするではないか? そんなことはどこの国でもあるはずだ」と言 い聞かせた。

一方、この日の放送でのえなりかずきの韓国卑下発言に接した日本ネチズンらもやはり入り乱れた意見を見せた。 一部日本ネチズンらは「えなりかずきの話に積極同意」、「反日感情を無理に教えてこれを政府が利用している」、 「えなりかずき、顔色をうかがっていなくて胸がすっとすることを言って痛快だ」等の反応を見せた。

反面、「個人的な意見を放送で話すのは良いが、PD(プロデューサー)が知って編集すべきことではないのか?」、 「公人なので言葉に用心すべき」、「いくらローカル放送でも度が過ぎた」、「個人の意見にすぎない。放送の意見 であるように放送すればどうしろという話なのか?」等、非難の声も絶えることなく続いている。

イ・ナレ

ソース:ニュースエン(韓国語)
http://www.newsen.com/news_view.php?uid=201304161325503310