Butabana

2013/04/20

安倍首相 「女性が才能を生かして仕事をすれば経済成長にも寄与する。3年後から会社に戻れる支援をしっかりしていく」

安倍晋三首相は18日午前、日本テレビの番組に出演し、現行法で最長1年6カ月間取得可能な育児休業について、
子供が3歳になるまで延長する方向で見直す考えを示した。政府が検討している成長戦略の一環として、
女性が復職しやすい環境を整える狙いがある。

首相は「女性が才能を生かして仕事をすれば経済成長にも寄与する。3年後から会社に戻れるような支援をしっかりしていく」と語った。 また、保育所の待機児童対策として「安倍政権として20万人分の保育所を整えていく。5年間で待機児童ゼロを目指したい」とも述べた。

安倍政権が主導する経済政策「アベノミクス」で賃金上昇などの効果が表れる時期については 「夏を越えれば、だんだんと実感していただけると思う」と指摘。夏の参院選に向け、経済効果の見通しをアピールした。

引用元
http://mainichi.jp/select/news/20130418k0000e010215000c.html