Butabana

2013/04/21

幸福の秘密:隣人よりもセックスの回数が多いと信じること

幸福の秘密:隣人よりもセックスの回数が多いと信じること

米国の社会学者たちが、幸福の秘密を明らかにした。幸福度は、セックスの頻度と直接関係しているという。
なお、幸福を感じるためには、一定の回数ではなく、自分の性生活が、周囲の人たちよりも活発であることを 知るだけで十分だという。





調査を行ったのは、コロラド大学ボルダー校の社会学者たち。調査結果は、大学のサイトに掲載された。
調査に参加したのは、1万5386人。様々な要素を基盤にした幸福度について質問が出され、最後の項目で セックスがテーマに挙げられた。調査の結果、セックスの回数が月に2-3回だと答えた回答者の33パーセントが、 1年間に性交がない人よりも幸せだと感じていることが明らかになった。幸福度は、セックスの頻度と比例して 高まっていたという。

 一方で学者たちは、興味深い法則に気づいた。セックスの回数が月に1回と答えた回答者が、他の人は 毎週セックスをしていると知った場合、回答者の幸福度は14パーセント減少したという。  

Newsru.com/ロシアの声
http://japanese.ruvr.ru/2013_04_19/111148454/