Butabana

2013/04/22

日本の高校生の半数以上が「出世望まず」 進路と職業意識に関する調査 -日本・アメリカ・中国・韓国の比較




出世はそれほど望みません-。日本の高校生約2千人に「将来偉くなりたいか」を尋ねた調査で「全く思わない」「あまり思わない」との回答が計53・8%に上ったことが分かった。

調査は日本青少年研究所などが昨年9~11月に実施し、米中韓の3カ国でも千~2千人規模で同じ調査をした。偉くなりたいと思わないと回答した生徒の割合は、米国が17・4%、中国9・2%、韓国27・0%で、いずれも日本より大幅に低かった。

同研究所の担当者は「日本の高校生は現状で満足する傾向がある。長引く不況の影響で、壁を乗り越えようという意欲が弱まっているのでは」と分析する。

偉くなることへのイメージは日本の場合、「責任が重くなる」が69・5%で4カ国で最も高く、「力を発揮できる」(37・6%)、
「尊敬される」(29・6%)などは低く、出世に良いイメージを持っていないことがうかがえた。

ソース
http://www.sankeibiz.jp/econome/news/130422/ecc1304220749000-n1.htm