Butabana

2013/04/26

【MLB】ダルビッシュの「三振動画」で全米が騒然 ダルビッシュのピッチング哲学とは

ダルの“驚異の三振動画”が米メディアで話題に


24日のエンゼルス戦で今季4勝目をあげたレンジャーズ・ダルビッシュ有投手(26)がエ軍の主砲プホルスから空振り三振をとる“驚異の動画”が、25日の米メディアの間で話題になっている。


ダルの“驚異の三振動画”が米メディアで話題に - 野球 - SANSPO.COM(サンスポ)




何が驚異なの?


動画でダルビッシュはスライダーやカーブなど、5つの球種を投げ、それに対してタイミングが合わないプホルスが空振りするもの。


すごいのが 「全て同じタイミングで同じリリースポイントから投じられている」

ことらしいです。



話題の動画がこちら




まるで球が5つに分裂しているかのようです。




それってスゴいことなの?


普通であれば、球種によってボールを投げるタイミングやフォームが異なるもの。


バッターはピッチャーの動きでその違いを見極め、次の球種を予測する。


しかしダルビッシュはストレート、速球と変わらないフォームでそれらを投げられる。




ダルビッシュが投げられる球種は10種類以上! 




これらをすべて同じタイミング、同じフォームで投げられたとしたら…。

次の球種を見極めることは至難の業でしょう。





ダルビュッシュ有は何を目指してるの?



ダルビッシュは2011年にテレビ朝日「GetSports」で理想の投手像についてこう語っています。


「すべての球種が投げられて、すべての球種がコントロールできて、140キロの球速帯での変化球を何種類か持っていて、135キロ台の変化球も何種類か持っていて、すべてにおいて完璧なピッチャー」


言ってることがまるで漫画の世界ですが、ほぼ実現したといってもいいのではないでしょうか…。


他人の変化球の握りを常に研究してあっという間に自分のものにしてしまうらしいです。


自身のブログでは以前からピッチング、変化球に関しての詳細を明かし、かなりの研究家であったことが伺えます。