Butabana

2013/05/20

【画像】砂漠に放置されたままのスターウォーズのセットが物悲しい









 映画『スターウォーズ』の主要舞台となった砂漠の惑星タトゥイーン。

 ルークやアナキンの故郷として描かれていました。

 そんなタトゥイーンのセットがアフリカ大陸チュニジア砂漠に作られていたのをご存知でしょうか。

 公開から数年、そこには放置されたままのスターウォーズセットがありました。

 映像作家Rä di Martinoによって撮影されたその姿は、映画でのにぎわいとはかけ離れた、なんとも寂しい風景でした。








なんだか物悲しいですね。

このまま時が経ち風化されるのを待つのでしょうか。
スターウォーズは新作のニュースもあったので、そちらが楽しみです。


Ra di Martino
http://www.radimartino.com/index.php
type='text/javascript'"+unescape("%3E%3C/script%3E"));