Butabana

2013/05/07

【悪魔の楽器】アルモニカの神秘的な音色 日本でただ一人の奏者は尾西秀勝



パガニーニ「何たる天上的な声色」

トーマス・ジェファーソン「今世紀の音楽界に現れた最も素晴らしい贈り物」


ベンジャミン・フランクリン「何ものに比べがたい甘美な音」


もしハープが「天使の楽器」であるなら、アルモニカは「天使の声」である




ゲーテ、モーツァルト、ハッセ、テオフィル・ゴーティエなども、この楽器を高く絶賛した記録が残っている。かのマリー・アントワネットも、これを習って奏したと記録されている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%A2%E3%83%8B%E3%82%AB
アルモニカ - Wikipedia




アルモニカってどんな楽器?





アルモニカは、大きさのちがうガラスのお椀を横にならべます。

そして、それを回転させ、濡らした指の摩擦で音を奏でます。



どうして悪魔の楽器と呼ばれてるの?




その神秘的で魅力的なアルモニカに魅せられ、練習や演奏に熱中した多くの人たちがアルモニカのせいで神経障害や鬱病、目まい、筋肉の痙攣などに罹ったと言い出した。

このため、アルモニカはその美しい音色とは裏腹に大変怖い楽器だという噂が口々に伝わって、人々の恐怖感が煽り立てられた。


演奏会場で子供が死亡するという事件まで発生


実際に、精神病院に入院したり夭折した者もいた


ついにドイツではアルモニカ禁止令が出た。


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%A2%E3%83%8B%E3%82%AB
アルモニカ - Wikipedia

鉛を含んでいるため、鉛中毒になるとか、音色が脳と共振しておかしくなるとかいわれたそうですが、科学的な根拠はいまのところないようです。


日本で唯一のアルモニカ奏者といわれる尾西秀勝




笑っていいともにも出演され、素晴らしい音色を聴かせてくれました。



尾西秀勝(おにし ひでかつ)
日本の作曲家、ピアニスト、アルモニカ奏者(アルモニチスタ)。その他、指揮、チェンバロ、フォルテ・ピアノ、オルガンなども多彩にこなすマルチ・ミュージシャン。
日本屈指の名門桐朋学園大学音楽学部出身。

モーツァルトやベートーヴェン、サン=サーンスなど数々の作曲家たちも起用した幻の楽器アルモニカを日本に復興させるための貴重な活動によって、日本の音楽界に新風を吹き込んでいる。


彼の演奏する2台の楽器以外には、2008年現在、日本で演奏されているアルモニカはないと言われており、彼の楽器が聴ける機会は貴重なものとなっている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%A2%E3%83%8B%E3%82%AB
アルモニカ - W


お値段はいかほど?


下記のサイトでは、7,880ドル、およそ78万円からアルモニカを買えるそうです。


GFI Scientific glass blowing products and services
http://www.finkenbeiner.com/GLASSHARMONICA.htm
GFI. Inc. offers a full line of laboratory glassware and quartzware to meet your research and manufacturing needs.


【関連記事】