Butabana

2013/05/05

5歳児が誤って銃を発砲し2歳の妹が死亡→「銃を持つ権利」が制限されてはならない(全米ライフル協会)

われわれは米国人であることを誇りとし、自らの自由を守っていく
NRA(全米ライフル協会)ウェイン・ラピエール副会長



アメリカで繰り返される銃による悲劇





4月30日 ケンタッキー州
誕生日に贈られた銃で遊んでいた5歳の男の子が、誤って2歳の胸を撃ち、死亡させた。


当時、母親も自宅におり、銃も保管はしていたというが、 兄妹から数分間目を離した間の悲劇だった。

実弾の装着には気付かなかったという。 



「マイ・ファースト・ライフル」まるでおもちゃのようなカラフルな銃










 使用された銃は「マイ・ファースト・ライフル」をキャッチフレーズにしているクリケットというブランドの銃。 

赤、青、ピンクとカラフルに着色され、まるでおもちゃのような銃。



「この辺りで5歳児が銃を持っているのは 不思議ではない」




「悪夢だ。しかし、この辺りで、5歳児が銃を持っているのは 不思議ではない」州警察の担当者



全米ライフル協会「銃を持つ権利が制限されてはならない」


銃乱射事件に関しての全米ライフル協会のコメント


「わずか数人の犯行によって法律を順守するすべての銃保持者が非難されている」


「混乱した犯罪者が無実の子どもを殺害すると、われわれの責任とされる」



全米ライフル協会のスローガン

「銃が人を殺すのではない、人が人を殺すのだ」