Butabana

2013/06/26

放送作家 鈴木おさむ氏「徹子の部屋」に出演 1億円の借金、妻の森三中 大島美幸さんの流産、24時間テレビチャリティマラソンについて語る





「徹子の部屋」に売れっ子放送作家・鈴木修氏登場!実家の借金1億円、「森三中」大島美幸さんの流産について語る




 6月26日放送の「徹子の部屋」に、超売れっ子放送作家の鈴木修さんが登場しました。


 鈴木修さんといえば、「SMAPxSMAP」「SmaStation」「金スマ」「笑っていいとも!」「ほこxたて」などなど、数え上げればきりがないほどの人気番組を手掛けて来た放送作家さんです。


 そんな鈴木さんに、なんと親がした借金1億円の返済をしてきたって、知ってましたか?



 23歳頃、放送作家として軌道に乗り始めた頃だそうですが、

 親が営んでいる実家の自転車屋で借金をしていることが分かったそうです。

 その額、なんと1億円!!






 話によると、もともとはもっと少ない額だったようですが、バブル期に借りたため、あれよあれという間に一億円近い借金になってしまったのだとか。


 そして鈴木おさむさんはご両親とともにこの借金を返していくことを決意します。


 店はたたまず、さらに鈴木さんのお母さんはスナックを始め、そして鈴木おさむさんは放送作家として、親子力を合わせて借金を返し続けて来たそうです。


 放送作家として一般サラリーマンより高い年収を稼いでも、それは右から左で借金の返済に。


 しかし、この状況について、鈴木おさむさんは「ラッキーだった」と話ていました。なぜでしょうか?


 それは「若いうちに大金が入って勘違いしなくて済んだ」からだそうです。


 この借金は、森三中の大島さんと結婚した頃に返し終わったそうです。スゴいですね!

 鈴木おさむさんは「もうすぐ借金を返し終わる」と思った時、突然生きる目標を失ったそうです。「何のために稼ぐんだろ?」と。

 そこへちょうど大島美幸さんが現れ、結婚という新たな目標が生まれたそうです。

 しかし、2008年頃、大島さんに待望の赤ちゃんが生まれたものの、流産をされてしまいました。

 大島さんは泣くというレベルではないほど悲しんだと言います。

 さすがに鈴木おさむさんも「芸人を続けるのは無理だろう」と思ったそうです。

 しかし、大島美幸さんは、自分と同じ体験をした人を励ましたい、と自ら流産をしたことをメディアで告白、さらに「体を張って人を笑わせてたい!」とお笑い芸人を今でも続けています。その言葉通り、本当に体を張った芸で、私たち視聴者を笑わせてくれています。

 こんな大島さんの姿に「スゴい人」と鈴木おさむさんは語っています。

 二人は今もラブラブなようで、大島さんがロケなどで海外に行くと、こんなラブラブメールが届くそうです。


「今からバンジージャンプしてきます!はあと」

「いまからタランチュラを食べてくるよ!はあと」

 

 www普通の夫婦間ではありえないメールのやりとりが新鮮で刺激にあふれ、楽しいそうです。


 森三中の大島美幸さんは今年の24時間テレビのチャリティーマラソンのランナーに決まりました。


 現在少しずつ減量を重ねているそうです。



 大島さんは「24時間テレビが終わったら子どもも悪くないな」と言っているそうです。

 ぜひ、マラソンを完走していただき、いつか二人の間にかわいい赤ちゃんが生まれて元気に育ってくれたら良いな、と思いました!






【体重88キロ】「森三中」大島美幸 24時間テレビのチャリティマラソンランナーに!