Butabana

2013/06/01

【お願い!ランキング】第1回 全国お土産総選挙ついに結果発表!!大人気お土産のおすすめランキング1位はコレだ!







栄えある第1回 全国お土産総選挙 20位から一挙発表!!



20位 岩手県 さいとう製菓/かもめの玉子
年間500万箱売れる岩手を代表するお土産。
武蔵野調理専門学校の生野裕也先生も中のアンに本物の卵黄を混ぜる事でバサバサしていない点を高評価。



19位 岐阜県 金蝶園総本家/水まんじゅう

岐阜県大垣市で明治時代から食べられていた菓子。地元は平成の名水百選にも選ばれる名水の里。
審査員のぐるなび品田さんは、のどごしの良さを高く評価。


18位 長野県 小布施堂/栗鹿ノ子
日本観光振興協会の森岡さんが栗の香り高さを評価。
栗自体の美味しさと餡の甘さのバランスが絶妙。




17位 徳島県 谷ちくわ商店/かつ天 魚のすり身をパン粉で挙げた製品。
全国的な知名度は低いものの、審査員の上野海燕亭・岩根さん、旅行読売出版社・松田さんなどはその味わいを高く評価。




16位 宮崎県 風月堂/元祖伊藤社長のチーズ饅頭
饅頭の皮の中に、チーズを詰め込んだ商品。
審査員の武蔵野調理専門学校平田先生も皮とチーズのバランスの良さを評価。




15位 山梨県 桔梗屋/桔梗信玄餅
昭和43年に発売。
現在は年間3600万個以上の売上げを記録する全国的知名度もバツグンのお土産。




14位 奈良県 柿の葉すし本舗たなか/柿の葉すし
古都奈良に伝わる伝統的なお寿司。
審査員のリクルートライフスタイル「じゃらん」小林さんは酢飯の食感を高く評価。




13位 秋田県 佐藤養助商店/稲庭干饂飩
秋田県の名物稲庭うどんが13位にランクイン。




12位 高知県 四万十郷水車亭/海洋深層水入り細切り塩けんぴ
高知龍馬空港で4年連続お土産売上げ1位を獲得する人気商品。
審査員の小学館関屋さんは、塩加減の良さを高評価。
その塩加減は室戸沖の海洋深層水を使い、その塩でコガネセンガンを味付けしている。




11位 三重県 なが餅笹井屋/なが餅
番組の知名度調査では34位ながら美味しさが評価されランクイン。
誕生は1550年で三重県出身の女子レスリング吉田沙保里も「力の源はなが餅」と発言したこともあるほど。


10位 滋賀県 クラブハリエ/バームクーヘン
年間売り上げ550万個の人気商品。
本店は名古屋や和歌山など各地から買い求める客が訪れている。
使用する卵は県内の特定農家から仕入れた新鮮卵で1日5万個を使用。




9位 神奈川県 崎陽軒/おいしさ長もち 昔ながらのシウマイ
崎陽軒のシウマイは昭和3年に横浜駅構内で販売開始。
現在では羽田空港の2012年お土産売上げ第2位を獲得するまでに成長。
アジの決め手は豚肉と混ぜている干し帆立貝柱。




8位 青森県 ラグノオささき/気になるリンゴ
特徴はリンゴが丸ごと入っている点。
使われるリンゴは青森産で、今の季節は「ふじ」を使用。




7位 鹿児島県 揚立屋/さつまあげチーズ入り
さつま揚げの中にプロセスチーズを挟んだ食品で、スタジオ試食でも好評だった。




6位 栃木県 宇都宮みんみん/冷凍生餃子
こちらは宇都宮駅前に餃子像があるなど、餃子の街として知られる宇都宮で不動の人気を誇る餃子専門店「宇都宮みんみん」の餃子。
審査員の一休.com森田さんは具材のシャキシャキ感を高評価。




5位 石川県 まつや/とり野菜みそ
年間300万部袋を売り上げる石川県では知らない人がいない、鍋を食べるための味噌。
審査員のリクルートライフスタイル「じゃらん」の渡邊さんは、味噌に香辛料が絶妙にブレンドされている点を評価。




4位 富山県 源/富山 ますのすし
年間売り上げ200万個、今年開催された全国駅弁大会でも売上げ1位となるなど人気の駅弁。審査員の一休.com吉田さんは、食べやすさと味のバランスを高評価。




3位 愛知県 坂角総本舗/ゆかり
第1回全国お土産総選挙第3位は愛知県の「ゆかり」(坂角総本舗)に決定。
審査員の武蔵野調理専門学校・高橋先生やJTBの馬場さんが指摘する通り、素晴しいエビの香りと風味が特徴。




2位 宮城県 伊達の牛たん本舗/厚切り芯たん塩仕込み
仙台市内に9店舗を構える「伊達の牛たん本舗」の商品。
牛タンの中でも脂肪が多くジューシーな芯タンの部分を使用しているのが特徴。
審査員のオズモール・市毛さんは厚切り肉に染みた味わいを高評価。




そして堂々の第1位は!



1位 北海道 ロイズコンフェクト/生チョコレート【オーレ】
審査員のコンラッド東京・稲葉さんやリクルートライフスタイル「じゃらん」石橋さんらも、クオリティの高さを絶賛。
北海道産の生クリームを使用していることから、滑らかな口解けを実現。



ランキング1位は北海道の生チョコレートでした。

こうしてランキングを見ると、東北勢が頑張っているのがわかりますね。

それも人気のお土産だけに甲乙つけがたいものがありますが、どれを食べても美味しいであろうことはわかります。