Butabana

2013/06/21

【ドラマ】「ラスト・シンデレラ」最終回の瞬間最高視聴率は20.9%!桜(篠原涼子)が凛太郎(藤木直人)と広斗(三浦春馬)の間で揺れてた気持ちに決着をつけ、彼のもとへ駆けつけるクライマックスシーン!




篠原涼子「ラスト・シンデレラ」最終回は平均視聴率17・8%でフィニッシュ!



 篠原涼子さん主演のフジテレビ系連続ドラマ「ラスト・シンデレラ」

 ついに20日、最終回を迎えましたが、その最終回の平均視聴率は17・8%であったとニュースで報じられました。



”篠原涼子(39)主演のフジテレビ系連続ドラマ「ラスト・シンデレラ」(木曜後10・00)の最終回が20日に放送され、平均視聴率が17・8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが21日、分かった。最終回は15分拡大で放送された。


 視聴率低迷が叫ばれるテレビ業界にあって、かなり高い視聴率だったことがわかります。


 今クールで全話平均15%を越えているのは「ラストシンデレラ」と「ガリレオ」だけだったとか。


 「ラストシンデレラ」の気になる瞬間最高視聴率とそのときのシーンはいったいなんだったのでしょうか?
 

”瞬間最高は午後10時56分、57分、59分の3分間で、20・9%だった。自分の気持ちに気付いた桜(篠原)が凛太郎(藤木直人・40)に一緒にニューヨークに行けないと告げ、広斗(三浦春馬・23)のもとに駆けつけたクライマックスのシーンだった。



 一番視聴率がよかったのは、やはりドラマのラスト、クライマックスでした!

 凛太郎はニューヨーク支店の店長に決まり、桜に一緒に行かないかと誘います。

 広斗はBMXの全国大会の日を迎えました。。。


 凛太郎と広斗の間で気持ちが揺れる桜、いったいどっちを選ぶのか!?という、視聴者を飽きさせない、見逃せないドラマ作りが結果を生んだようですね。

 その結末にドラマ放送時、そして終了してからもしばらくはたくさんの感想がネットにアップしてましたね!

 この「ラストシンデレラ」、全体としても非常に視聴率がよかったようです。


初回 13・3%
第2話14・4%
第3話14・4%
第4話14・5%
第5話14・9%
第6話15・0%
第7話15・7%


 初回から安定した数字を見せ、ゆっくりと視聴率をアップさせてきたことがわかりますね。

 仕事一筋だけど恋には臆病、という女性像に、多くの働く女性が共感したことでしょう。

 さらに藤木直人、三浦春馬とメチャクチャカッコいい男たちが毎週映り、過激でちょっとエッチなシーンもあるんですから、見逃せないドラマでした!





【2013夏最新ドラマあらすじ情報】フジ『スターマン・この星の恋』広末涼子がシングルマザーに!記憶を失った謎のイケメン青年に一目惚れ、奇妙な夫婦生活を始める!