Butabana

2013/06/09

【第5回AKB総選挙】渡辺麻友まゆゆ 3位で選抜入りも悲願のセンターならず スピーチで【正直悔しい】




3位で選抜入り しかし念願だったセンターならず


 第5回AKB総選挙。

 渡辺麻友、まゆゆは3位 センター目指し走り続けた一年でしたが、念願のセンターにはなれませんでした。

 3位が決定し、スピーチへ向かったまゆゆに、徳光アナウンサー「落ち着きましたか?」の呼びかけますが、まゆゆは静かに「落ち着いております」と答え、スピーチを始めました。



 

 皆さん今回は応援して下さりありがとうございました。私は昨年の選抜総選挙で皆さんのたくさんの応援と期待をいただいて自分でも信じられないくらい素敵な2位をいただきました。自分でも本当に信じられなくて、とっても嬉しかったです。

そして昨年のスピーチで、私は来年の選抜総選挙では1位をとりたいです、と言いました。

 その1位に向かってこの1年間、ひたすら真っ直ぐに突っ走って来ました。この1年でたくさんのファンの皆さんが、たくさんの温かい気持ちをくださって、皆さんと一緒にこの一年間、走って来れたので本当に私は幸せです。やっぱりこの1年間1位を目指してやってきたので、この第3位という順位は正直すごい悔しい気持ちはあります。でも、こうして皆さんと一緒に上を目指して頑張って来れた1年はすごい充実していてとっても楽しくて私は幸せです。



 


 私は12歳の時にAKB48に入って今年で7年目になります。1期生、2期生の先輩たちの背中を近くで見ながら活動して来て分かったことが一つあります。センターになることは難しいことかもしれないけれど、センターとして皆さんに認められることが一番難しいということを私は分かりました。

 私はどのメンバーよりも自分自身をAKB48に捧げてきた自信があるので、これからもその気持ちを胸に、この第3位という順位はまだ上を目指していけるという事だと思うので、その希望を胸にこれからも頑張ってまいりたいと思います。来年の総選挙では一番最後に名前を呼ばれたらいいなと思います」