Butabana

2013/06/09

【第5回AKB総選挙】2位 大島優子「指原には負けたくなかった」「笑ってしまう選挙」「踏み台にしてほしいのは違う人」「どんなコミカルグループになるのか」【まさかのスピーチ】





指原に踏み台にされた? 笑える総選挙


 第5回AKB総選挙で2位となった大島優子。

 最終得票数は史上2番目の13万6503票を獲得したものの、初連覇をまさかの指原に阻まれ、思わず苦笑い。


 2位が発表されると、会場は大きなどよめきと歓声に湧きます。





「いや…涙の一つも出ないこの感じ…なんでしょう。お腹を抱えて笑ってしまう総選挙は初めてです」


「AKBのためにと思って“踏み台にしてほしい”って言ったけど、わたしが踏み台にしてほしいと言ったのはちょっと違う人だったんですけど」


「でも、わたしの壁を越えてった人は、新しい風を吹き込んで壁じゃなくて、スルッと抜けたんだなと思うと、なんだか納得できるような。そしてわたしが踏み台にしてほしいと1年間やって来た気持ちもしっかりできてたんだなと、自分に対して自信も持ちました。






「2位、1位、2位、1位、2位となっているのも、なかなかそうそうメンバーの中にもいないので、自分の中では偉業だなと思っています」

「そして新しいAKBになることがすごくワクワクしています。楽しみでしょうがないです。どんなコミカルグループになるのか。それとももっともっとアイドルグループになるのか。一緒にいる選抜メンバーと新しいAKBを見せるいい機会だなと思っています。これからのAKBにまだまだ期待して欲しいです」








【第5回AKB総選挙】渡辺麻友まゆゆ 3位で選抜入りも悲願のセンターならず スピーチで【正直悔しい】