Butabana

2013/06/01

スキージャンプの高梨沙羅がスピードスケートの高木美帆にすすめられた少女漫画「マイルノビッチ」ってなに?






 31日の「僕らの音楽」に、来年のソチ五輪ジャンプ女子で金メダルが期待されている16歳の高梨沙羅選手が、アーティストのmiwaさんと対談しました。

 なんでも高梨沙羅選手はmiwaさんの大ファンだとか。

 高梨沙羅さんは、うまくいかずに思い詰めていたとき、miwaさんの「chAngE」という曲を聴いて、「自分らしく楽しく飛ぼう」と思えるようになったそうです。

 その対談の中で、高梨沙羅は他の競技の選手との交流について聞かれ、そこで、スピードスケートの高木美帆選手と同じ部屋になったそうで、そのときに少女漫画を読むよう進められたそうです。

 それが「マイルノビッチ」という少女漫画だったそう。

 「マイルノビッチ」ってどんな漫画なんでしょうか。ちょっと調べてみました。


あらすじ
■まいるは、どブス。メイクやお洒落などもっての他とモッサリ髪に眼鏡の誰もが気味悪がる地味女。
ブスに恋愛なんかちゃんちゃらオカシイ…と思っていたら、「サボらずに掃除してるの偉いと思って」と告白してくる男子が!?…これ、まいるが生まれ変わるきっかけの事件なんだけども…詳しくは読んでのお楽しみ。
ゼロから始める美人入門スタート!



 主人公の「まいる」はどブスという設定で、誰もが地味な女の子で、その女の子が可愛く生まれ変わるストーリーとのこと。

 「好きでブスに生まれたわけじゃない!」と泣き叫ぶ主人公まいるに、偶然学校一のイケメンが通りかかって、こう言います。「ブスを言い訳にするな」

 その言葉が胸に響いた主人公。「わたし生まれ変わる!」と宣言し、メイク、ファッション、考え方と自分を変える努力をし始めます。

 恋愛コメディもののようですね。面白そうです。

 アスリートとはいえ、まだ16歳の高梨沙羅さん。この年頃だったら普通に漫画読んでますよね。

マイルノビッチ 1 (マーガレットコミックス)

佐藤 ざくり 集英社 2011-04-25
売り上げランキング :
by ヨメレバ