Butabana

2013/06/15

【たかじんNOマネー】水道橋博士が橋下徹大阪市長に生放送中ブチギレ退席!放送事故?番組降板?小金稼ぎ?いったい何があったの?【画像】





水道橋博士、生放送中に番組降板…橋下市長の発言にブチ切れ!途中退席!



 6月15日にテレビ大阪で放送された「たかじんNOマネー」

 番組に出演していた水道橋博士が生放送中になんと突然退席!番組降板を宣言しました。


 いったい何があったのでしょうか?その原因はなんなのか?


 どうやら番組冒頭に飛び出した、橋下市長の発言に激怒、ブチ切れしたようです!

 普段は物腰柔らかそうに見える水道橋博士をそこまで怒らせた橋下徹市長の発言っていったい何をいわれたのでしょうか?調べてみました!





「たかじんNOマネー」に橋本市長が緊急生出演!

 現在、問題となっている橋本市長の慰安婦発言について、コメンテーターとともに徹底討論するという内容でした。

 まず番組冒頭、前回のアンケートの結果についてのコメント。

 それは、橋下氏の例の発言について、視聴者による電話投票を実施した結果でした。

 結果は「問題なし・7713票」「問題あり・2011票」だったそうです。

 つまり視聴者の8割が橋下発言について「問題ない」と回答したのです。







 その結果を受けて、橋下徹市長はこのような過激なコメントをしました。

 



やはり有権者の方は冷静だなと。
小金稼ぎのコメンテーターとは違います。


 その発言にスタジオは一瞬どよめくものの、一部で笑い声なども飛び出し、一見、何事もなく番組は進行しているようでした。


 しかし、番組も山を越え、終盤にさしかかたっとき、コメンテーターとして出演していた浅草キッドの水道橋博士が突然橋下徹市長に対し、こう発言したのです。



 「あと橋下さん、冒頭で小金稼ぎのコメンテーターと言われたんで、ぼく今日で番組降ろさせていただきます」



厳しい表情で突然席から立ち上がる水道橋博士。


「それでは3年間、ありがとうございました」と発言し、そのまま番組から退席してしまったのです。






 このハプニングに、ジャーナリストの大谷昭宏氏が「小金発言を訂正される気はないですか?」と橋下徹氏に聞くと橋下氏は「ないです。ぼくに対しても批判はあるわけですから」と答えました。

 ニュースでは、このあと、22日放送分の番組収録を予定していたそうですが、参加せずにテレビ大阪を後にしたそうです。

 報道陣から「本当に降りるのか」と問われると、水道橋博士は「はい」と厳しい表情で答えたそうです。

 橋下徹市長は水道橋博士を名指して批判したわけではありません。橋下徹市長が水道橋博士に対して「小金稼ぎしているコメンテーター」だと思っていたのかどうかは定かではありません。

 しかし、たかじんnoマネーに、「コメンテーター」として呼ばれている各人がいるのに、そこで「小金稼ぎのコメンテーターとは違う」などと言われたら、自分たちのことを言っているのか!と思われても仕方がないでしょう。

 おそらく冒頭の発言を受け、水道橋博士は番組終盤に退席する事を考えていたと思われます。討論もかなりヒートアップし、冷静な状態ではなかったようなので、無理からぬ話かもしれません。

 しかし、生放送中に勝手に退席するというのは、ほぼ放送事故な状態です。今後の博士の仕事はいったいどうなってしまうのでしょうか…。