Butabana

2013/06/24

The Mirrazミイラズのドラマー関口塁 腰痛のためバンド脱退!ドラマーがドラムをやめる一番の原因は腰痛らしい!?






The Mirrazのドラマー関口塁、腰痛のためバンド脱退



 悲報です!

 The Mirrazのドラマー関口塁さんが、腰痛のために涙のバンド脱退というニュースが飛び込んできました!




”The Mirrazの関口塁(ドラムス)が本日6月24日をもってバンドを脱退したことがあきらかとなった。

”The Mirrazのオフィシャルサイトに掲載された本人のコメントによると、彼は数年前から腰痛が酷くなり、いまの活動状況のなかでドラムを叩き続けるのは困難になったため、これ以上バンドに迷惑をかけたくないという気持ちから脱退を決意したという。これを受けてフロントマンの畠山承平は、「塁からバンドを辞めたいという話を聞いた時、解散かな、と考えました。でも今じゃない、ここで解散したら、ファンの期待を裏切る事になってしまうと思い、こういう形になりました」と報告。また、「ミイラズはこのまま終わるつもりもないし、もっともっと上に行きたいと思っています。予想外の出来事です。またもやピンチです。でもいつもなんとか乗り越えてきました。これからも乗り越えて行きたい。みんなの力をちょっとずつ分けて下さい!」と綴っている。









ドラマーがドラムを辞めるのは腰痛が一番の原因!?どうして?







 バンドのパフォーマンスを見ても分かる通り、ドラムはバンドメンバー中、一番運動量が多いですね。

 さらに椅子に座ったまま、ずーと手を足を激しく動かし続けているのですから、これで腰に負担がかからないわけがありません!

 話によると「ドラマーがドラムを辞める一番の理由は腰痛」らしいです!


 それほど激しい楽器なんですね…。


 ドラマーの腰痛といえば、X JAPANのYOSHIKIさん。

 YOSHIKIさんは頚椎椎間板ヘルニア神経循環無力症(心臓神経症)に悩まされてと言います。

 あれだけ激しいプレイをすれば当然ですよね。


 椎間板ヘルニアで悩まされるドラマーは本当に多いといいます。


 昨年1月、ドラマーとして世界から高い評価を得ていた「ドラびでお」こと一楽儀光さんも腰痛のためドラマー引退を表明したというニュースがありました。


 サザンオールスターズでパーカッションをしていた野沢秀行さんも腰痛(ヘルニア)に悩まされていました。



 ドラムは正しい姿勢で、余分な力を抜いて叩かないと、「腰筋痛」という筋肉が変に凝り固まってしまう状態になることも多いそうです。

 さらに首なんて振ろうものなら…。もはや体にかかる負担は想像を絶します。


 ドラムを長く続けたいなら、「整体」「ストレッチ」「ヨガ」「ランニング」「足腰を鍛える運動」などが欠かせないそうです。


 もはやスポーツ!!ドラマーはアスリートなんですね。