Butabana

2013/07/15

真夏の熱中症対策特集!「駆け込みドクター!運命を変える健康診断」で紹介された熱中症予防法!汗をかく練習が必要!?






2013年夏は観測史上最高の暑さになるらしい!?真夏の熱中症にご注意!






 7月14日に放送された「駆け込みドクター!運命を変える健康診断」では夏の熱中症対策が特集されていました!


 最近ホントーに暑くなりましたね!

 番組によると、今年だけですでに7000人以上が熱中症で倒れたとか!?すごい数です!


 楽しい夏を過ごすために、熱中症対策について学びましょう!









熱中症対策のポイントは「汗」!その理由とは?




 人間は汗腺で汗を作る。

 汗がうまく出ず体の中に熱がこもると熱中症になる。



 熱中症のカギを握る汗の2つのポイント

 1. 汗をかくスピード
 2. 汗の質




1. 汗をかくスピード
 暑いのに、なかなか汗をかかない人は熱中症になりやすい。


2. 汗の質
 汗の質には2種類ある
 ・サラサラ汗
 ・ベトベト汗



サラサラ汗
 サラサラの汗は栄養分が体内に吸収されてから出ている汗。


ベトベト汗
 ベトベトの汗は栄養分が体内に吸収されずに出て来た汗。身体の機能がが正しく機能しなくなる。





池谷敏郎先生「1日に水は1~1.5リットルは摂取したい。人間は1日におよそ2.5リットルの水分を失う



森田豊先生「サウナでもいいので汗をかく練習をするとよい」







・熱中症の予防法


 サウナやお風呂などで1日1回、汗をかくだけでも効果がある。
 早い人だと1週間くらいで効果が出始める。


それでも熱中症になったら?


 太い血管が通っている部分を冷やしたり、表面に霧吹きを吹きかける。


あの「健康法」のウソ・ホント (ワニブックスPLUS新書)


 番組ではこのような情報を紹介してくれていました!


 すぐに汗をかけない人は要注意のようです!

 女性はとくに汗をかくことに抵抗があると思いますが、ぜひいい汗かいて熱中症予防をしましょう!