Butabana

2013/07/31

【ナイナイアンサー】キンタロー。が人気者ゆえの悩みを告白!「嫌われてる」「自分に自信が持てない」それに対し心屋仁之助が魔法の言葉を贈る!


解決!ナイナイアンサー 魔法の言葉 (日テレbooks)


キンタロー。の部屋はゴミ屋敷寸前!そこには突然人気者になったゆえの悩みが!




 2013年7月30日に放送された『ナイナイアンサー』は2時間スペシャル!


 そこで、女芸人キンタロー。がブレイクした芸能人ならではの深い悩みを激白していました!


 その内容が誰にとっても共感できるような内容で、さらに「性格リフォーム心理カウンセラー」心屋仁之助氏がキンタロー。さんに向けて贈った言葉が目から鱗の内容だったのでご紹介させていただきます!





 

ゴミ屋敷寸前の6畳一間で独り苦悩



なりきりキンタロー マスク&衣装(女子用)チームDセット 【石投げられても知りませんセット】 (^^ゞ




 人気の陰で…“私は嫌われている”



 キンタロー。さんは夜中に、衝動的に唐揚げを衝動的に食べたくなるそう。


 スタッフが向かったキンタロー。さんの部屋はメチャクチャ汚い!


 賞味期限が切れた食べ物干しっぱなしの布団散らかったゴミ、まさに汚部屋!ゴミ屋敷寸前!


 夕食はポテチと唐揚げだけ…。そして自分の出演番組をチェックしてダメ出し。


 そんなキンタロー。さんの悩みは


「自分に自信が持てない」

「ポッと出の芸人と思われるんじゃないかと思って、先輩たちの輪に入れない」

「何気なくツイッターを見て、8割がいい意見でも、2割の悪い意見ばかりを気にする」

 だそうです。



 普段、テレビでは明るく振る舞い、悩みがないように見えるキンタロー。さんですが、すごく悩んでらっしゃるようです。



 それに対して、
 
 断捨離で有名な川畑のぶこさんは「断捨離しかありません」とのコメント。


川畑のぶこ「仕事の資料、台本が捨てられないのは、それが仕事ができる私の象徴であり、裏を返せば、その証拠を残しておかないと自分の能力が信じられないという、過去への執着があるかもしれない」



川畑のぶこ「でもそれを手放すこと、捨てることで心が楽になり、仕事のパフォーマンスも上がるという好循環につながる」

 このコメントに対し深くうなずくキンタロー。



 そして、心理カウンセラーの心屋仁之助さんの登場!




 自身のサラリーマン時代の経験をふまえながらキンタロー。さんに魔法の言葉を贈ります。



心屋仁之助「キーワードは【足りてない】


心屋仁之助「自分の心の中に穴が空いてて、何かが足りてないと思ってるから代わりのものを詰め込んでいる。お酒、刺激、仕事」


「僕はサラリーマン時代、仕事で成績を上げたり、上手にこなしたり、活躍をしたら自信がつくと思っていた。実績さえ作れば心は埋まると思ってた」


キンタロー。「私も仕事をいっぱいこなしてたら自信がつくと思ってます」


心屋仁之助「たぶん今後、10年、20年とキャリアを積んでいったも心は埋まらない。積むのをやめたら自信はなくなる。ずっと休めない


キンタロー。「スケジュール帳見て、埋まらないと不安になる」



心屋仁之助「自分は実績を積み上げるのをやめたら、それでも大丈夫な自分を見つけた」


心屋仁之助外側の実績を作れば内側が満たされると思ってた。でも違った。だから外側の実績を作ることを1回止めた」


「仕事減らして、仕事を断って全部無くしてやろうって1回止めた。そしたらそれでも大丈夫な自分を見つけた 



キンタロー。「それはすごい怖いこと」



心屋仁之助「うん。それでも自分のことを大丈夫だって信じる。これが【自分を信じる】こと。【自信】なんです



実績で自分を信じるのではなく


素のままの自分、活躍もできない、すべる、面白くもない自分を信じる



心屋仁之助「心が先に出来たら実績が後でくる」



友近「でも認められて理解者がいないとなかなか出来ないこと」



心屋仁之助「それが【思い込み】



心屋仁之助「小さな頃から認められてなかったら、【自分は認められない人】だから頑張らないと認めてもらえない】というスパイラルに入る」



心屋仁之助「小さな頃から褒められてきた子は【いわれのない自信】を持っているから失敗が怖くないしチャレンジも出来るし、仕事が来なくても【私は大丈夫】【私は愛される】と思っている」


だから



自信は作るものではなく、自分を信じること




「好きな事を仕事にしてるはずなのに、【恐怖】からしか仕事をしてない」


「怖いから、やってることがいっぱいある。他人の評価ばっかりが気になる。そうすると、どんどんまた自信が減っていく



心屋仁之助【自信を持ってみようかな】と思ってほしい」







心屋仁之助からキンタロー。へ贈る魔法のことば

「実は私すごいかも」

「私なにもできなくても実は私すごいかも」

「私すべっても人気者かも」 

「私なにもできなくても愛されてるかも




心屋仁之助今日からそう【思い込む】ことをスタートしてほしい」



「ツイッターで検索してもいい評価が8割。ということは、キンタロー。が気にしてようが、気にしていまいが、世間は認めてる」


「そこで【自信を持ってもいい】【思い込む】【うっかり信じてしまう】んです。それをやるともっと人気が上がっていって、いい循環が生まれる」



キンタロー。「怖いのはあいつ天狗になってると思われるんじゃないか」



心屋仁之助そう、言う人もいる。でも批判する人は常に光ってる人に向かって批判する。その批判は【向かい風】だからそこで止めたらダメ。グッといかないとダメ



岡村隆史「テレビに出たくても一生出れない人はたくさんいる。病気から戻ってきた時にある先輩から「病気になっても選ばれた人間だから、感謝しなさい」と言われた」


矢部浩之「キンタロー。は顔でかくてちんちくりんで、喋らんでもめっちゃ面白い」


 感想として、キンタロー。さんの悩みって、ホント誰でも感じる、共感できる悩みだったと思います!

 それに対する心屋さんのアドバイスは、観ているこちらもスーっと胸が軽くなるステキな魔法の言葉でした!