Butabana

2013/07/03

こんな人はうつ病になりやすい!?石坂浩二&タカトシの最新医療で解決SP!鬱病の危険度をチェック!同じ曲ばかり聴く、甘い物をよく食べるとうつだって!?








こんな人は鬱病の可能性あり!?その原因と対処法などが番組で紹介!





 『石坂浩二&タカトシの最新医療で解決SP!』鬱病のチェックがありました!


 日本人は鬱になりやすいと言われていますから、無関係ではありませんね…。

 
 番組では鬱度チェックとして、いくつかの項目が紹介されていました。

 
 さっそくまとめさせていただきました!





番組で紹介されたうつ病チェック


(1)起床後すぐに携帯電話をチェックする


 杏林大学医学部の古賀良彦医師によると、うつ病の人の大きな特徴は完璧主義で、何でも把握したい人がなりやすいとのこと。

 つまり、メールが来ていないか、ネットの最新のニュースは何かなど、とにかくマメにチェックしないと気が済まない、という人は危ないそうです。




(2)メールはすぐに返信する

 こちらも、真面目で几帳面な性格の人がうつになりやすいからだそうです。




(3)同じ曲ばかり聴く

 同じ曲ばかりを聴く、というのはつまり執着気質融通が利かない、ということだそう。

 同じやり方にこだわり、新しいやり方や新しい物へ対する抵抗感があるということだそうです。





(4)人間関係に気を遣う


   異常に人間関係を気を遣う、他人の行動を気にする人はうつの傾向があるとのこと。

 うつ病の人に旅の計画を立ててもらうと、5分おきに予定を立てるほど、細かくスケジュールを立てたとのことです。




(5)連続ドラマは一気に見たい

 起承転結を最後まで見ないと気が済まない、最終回まで見届けないと不安なため、だそうです。



(6)甘い物をよく食べる


 甘い物をよく食べるとうつ病になりやすいそうです!


 そうかな〜??甘い物食べるとストレス発散になりそうですが、どういうことなんでしょうか?


 なんでも、血糖値の上昇が気分に影響を及ぼすそうで、砂糖の多量摂取によりストレスホルモンが多量に分泌されるそうです。そういわれると、なんだかもっともらしいですね…。



 古賀良彦医師によると、うつ病にはコーヒーが効果的だとか。

 1日4杯以上コーヒーを飲む人は、まったく飲まない人に比べてうつになる確率が20%も低かったそうです。


 これはコーヒーに含まれるカフェインが脳内の幸福ホルモン・セロトニンを増加させるのでは、というハーバード大学の研究結果があるそうです。


 ということは、甘い物はコーヒーと一緒に食べればいいわけ!?


 コーヒーの香りって、たしかにリラックスしますよね。
 



(7)リビングでよく寝てしまう。


 これはどういうことでしょう?

 なんでも、明るい場所で寝るとメラトニン(睡眠ホルモン)が減るためだそうです。


 先生によると、うつ病を予防するには完璧主義でなく時にはルーズにすることも大切だと説明していました。



 それが出来ないから鬱病になるんじゃないのか!と思うんですが。

 自分は4つほどあてはまっていました!これって鬱の傾向があるんでしょうか??^_^;