Butabana

2013/07/06

夏の魔物対策!「人生の正解TVこれがテッパン」で紹介された夏の危険対策ランキングまとめ!台風!竜巻!熱中症!クマ・サメ・蚊・火災・遭難などなど!夏は危険がいっぱいだ!





夏の魔物対策!楽しい夏休みにするための危険対策ランキング!




 7月5日放送の「人生の正解TV〜これがテッパン〜 『SOS!!この夏の危険対策SP』と題し、夏という季節に起こる危険と、その対策を紹介していました!



 これから夏真っ盛り!夏休みをとる人もいらっしゃるとおもいます。


 家族旅行や夏祭りや花火大会に、夏フェスと、イベントがたくさんありますね。


 夏に食べるカレーライスも最高ですね!



 そんなワクワクの夏を楽しく乗り切るために、番組で紹介されていた夏の危険を事前に知っておきましょう!

 







第10位 気象庁が警告!竜巻が急増!






 この夏の危険第10位は竜巻



 東京工芸大学の田村教授によれば、夏にかけて竜巻の発生回数が増えるそうです。


 6月には茨城・つくば市、古河市などで竜巻が発生、竜巻注意情報は12回も発令されたそうです。

 気象庁調べによると、竜巻発生件数はこの1年で68件あったそうです。


 番組では「竜巻が襲ってきたらコンビニで助かる可能性が高いのはどこ?」というクイズが出題されました!


 どこだかわかりますか?


 正解はレジ台の下だそうです。モノが直接当たらない・ガラスのそばでない、という理由だそう。

 コンビニで竜巻が襲って来たら、レジを乗り越えて店員さんのほうに行かないといけませんね。





第9位 クマによる人身被害増加!



この夏の危険第9位はクマ


 東武動物公園の下康浩飼育課長によると、近年クマによる人身被害が増加しているそうなんです!


 クマは夏から非常に行動が活発化して、餌を求めて人里に降りてくることも増えるとか!

番組では「熊に遭遇したらどうするか?」というクイズをやっていました。

正解は「傘」


 閉じていた傘を突然開き巨大化させる事で、熊が驚き、ひるむのだとか。


 夏の登山などは雨が降りそうになくてもクマ対策用に傘を持って行ったほうがいいかもしれません。





第8位 この夏要注意!!蚊の対策法





 この夏の危険第8位は

 たかが蚊だとあなどってはいけないようです!



 医学博士の白井良和によれば、これからは蚊が増え、細菌感染を引き起こす可能性もあるそうで、実際、日本脳炎マラリアによって毎年1万人以上の死亡者がでているとのこと!


 蚊に刺されやすい血液型は「O型」だそうです!
A型が一番刺されやすいって聞いた事ありますが、O型なんですね〜。


 蚊が寄ってきやすい体質として、体温が高い人汗かき色黒の人は要注意とのこと。


 蚊は二酸化炭素水分に寄ってくるからだそうですよ!


 そしてこれは耳寄り情報!なんと蚊がよってこない、家庭でも身近な食材があるんですって!


 それが「レモン」でした!


 お笑い芸人、パンサー尾形さんが肌にレモンを塗ったところ、蚊にほとんど刺されなかったんです!



 なんでもレモンにはシトロネラールという成分が含まれてて、それに効果があるんですって。へぇー!これは安上がりな蚊刺され対策ですね!






第7位 夏も多い建物火災の恐怖!




この夏の危険第7位は建物火災!


 夏といえば蚊取り線香、さらに古い扇風機などが活躍するため、それが原因の火災が起きるそうです。、消防庁調べによると、2012年の建物火災での死者はなんと1300人を超えたそうです!



 お笑いコンビ・ハマカーンが建物火災が発生した時にベランダから下に降りるには何を使えば良いか?を検証していました。


 番組で色々なモノで検証していましたが、一番良かったのは「濡らしたシーツ」でした!


 水に濡らしても火は燃え移ったものの、なんとか下まで脱出することができていました。


 できれば家がそんなことにならないよう、気をつけたいですね!




第6位 今夏 巨大台風が日本上陸!






この夏の危険第6位は巨大台風!


 災害危機管理アドバイザー・和田隆昌氏によると、温暖化の影響で風が強くなり、雨量も増加する傾向があるとのこと。

 それにより、洪水や浸水被害で人が亡くなる可能性もあるそうです。


 番組では、巨大水路に水門を設置して、堤防が決壊した状況を作って、洪水から身を守る方法を検証していました。

 みんなで縦一列に並ぶと数分間洪水に耐えることができてました!


 一列になることで後方の人は水圧を受けにくくなり、さらに一番前方の人をみんなで支えることができるので、これが最も安全な状態なのだとか!





第5位 今夏は日本近海でサメ続出!





この夏の危険第5位はサメ!


意外!?にもサメは日本近海になんと約140種類も生息しているそうです!


 そんなにたくさんの種類のサメがいるんですね!



 お笑いコンビ・デニスが、バハマでカリビアン・リーフ・シャークを相手にサメに遭遇した時の対処法を検証していました。



 一番効果があったのは服で体を大きく見せることでした!

 
 服を大きく広げると、サメは遠くへ逃げていました!


 自分の体より大きいものが突然目の前にあらわれて、サメが驚くのだそうです。


 これは傘を広げてひるんだクマも同じですね!やはり自分よりも身体の大きなものは襲わないのでしょうか?


 しかし、この対策、水着を来ていたら出来ませんね…。 ^_^;







第4位 辛坊治郎も体験!海遭難!






 この夏の危険第4位は海での遭難!


 最近では辛坊治郎さんが太平洋横断に挑戦したものの、遭難し救助されましたね。



 もし海で遭難したらどうすればいいのか?


 番組では、遭難時に新聞紙で体を温める方法が紹介されました。



 実験では新聞紙を丸めて上着の下に詰め込むことで遭難開始30分後も体温が維持されていました!新聞紙ってすごいですね!


 さらに遭難したときはカモメと同じ方向に進めば陸に近づけるそうです!



 なんでもカモメは海岸域をねぐらにしてるので、夕方に飛んでいるカモメと同じ方向に進めば陸に近づけるのだそうです!


 カモメがいたらラッキーですね!






第3位 去年の2.2倍!猛威を振るう熱中症





 この夏の危険第3位は熱中症!


 これが一番身近な夏の危険ですね。

 人間の体は熱いと汗をかいて体温を下げます。

 しかし、大量に発汗すると、今度は脱水症状に陥るそうです。


 熱中症による搬送も相次いでいるそうで、今年の搬送者は去年の2.2倍、年間で約1700人が死亡しているとのこと!そんなに死者が出ているなんて、知りませんでした…。



 熱中症対策としては

 ・水分、塩分をこまめに補給する
 
 ・通気性の良い服装をする

 ・帽子をかぶる、日陰に入るなど、直射日光に気をつける

 ・急激な運動はしない、冷たい飲み物などで体内も冷やす



 などがあるそうです。



 最近では男性でも日傘を差す人が増えてきましたね。

 直射日光には気をつけましょう!







第2位 今夏も急増!凶暴動物の被害






 この夏の危険第2位は凶暴動物の被害!



 動物、爬虫類研究家の白輪剛史氏によると、日本人観光客が増加しているコモド島ではコモドドラゴンが増加してるそうです。






 そのコモドドラゴン、歯から猛毒を出すそうで噛まれると命を落とすこともあるとか!


 番組では水沢アリーさんが、コモドドラゴンから教われたときの身を守る方法を検証していました。


 なんでもコモドドラゴンの額には第三の目と呼ばれる神経が集中した場所があって、そこを抑えられると目潰しを食らった状態になるそうですよ。


 そこを木の棒で抑えたらコモドドラゴンはぴたりと動きを止めました!


 しかし、まずコモド島には行く機会はないですね!




第1位 世界遺産登録で急増!富士山遭難!





 この夏の危険第1位は富士登山!



 富士山は世界文化遺産に登録されましたからね、今年の夏は富士登山者が急増することがやはり予想されているそうです。


 夏山登山とはいえ、低体温症にも注意が必要だそうです。


 日本山岳ガイド協会の武川俊二氏によると、一番重要なのは服装だそうです!これはわかりますね。


 下着も保温性を保つ上で大切だと話していました。

 もし下着が濡れると、下着が冷たくなり体温を下げてしまうそうです。


 ポリエステル素材は綿にくらべて乾きやすいそうなので、夏山登山の下着はポリエステルにしたほうがよさそうですね!




 楽しい夏をすごしたいものです。



 以上、『SOS!!この夏の危険対策SP』のまとめでした!