Butabana

2014/02/25

「ゴースト・バスターズ」スペングラー博士役ハロルド・ライミス氏が死去






「ゴースト・バスターズ」のスペングラー博士役 ハロルド・ライミス氏が4年間に渡る闘病の末に逝去


「ゴースト・バスターズ」シリーズでスペングラー博士役として知られていたハロルド・ライミス氏が4年間の闘病の末に69歳で亡くなられたというニュースが報道されました。









”レイ・パーカー・Jr.の歌う主題歌も大ヒットし、一世を風靡したコメディ映画『ゴーストバスターズ』シリーズのエゴン・スペングラー博士役で知られる俳優・監督・脚本家のハロルド・ライミスが死去した。享年69歳。Peopleなど複数のメディが報じた。

”Peopleによると、ハロルドは希少性の自己免疫疾患を患っていたとのことで、地元シカゴで家族に囲まれる中、現地時間2月24日に息を引き取ったという。








自己免疫疾患とは?
 本来は身体にとって異物である物に対して働くはずの免疫系が、自分自身を異物として判断してしまい、味方であるはずの自分の身体の一部を攻撃したり排除しようとした結果、様々な病気を引き起こす疾患だそうです。



『ゴーストバスターズ』1984年に公開された映画です



三人の学者が、幽霊退治をするという一風変わったSFコメディ映画で、1984年北米興行収入第1位、歴代では7位という大ヒットを記録したそうです。


 ハロルド・ライミス氏が演じたスペングラー博士は、知的でユーモアあふれるスマートな役柄として、とても魅力的でした。


 なんだかまた観たくなってきました…。

 俳優としても活躍していましたが、監督や脚本家としてもたくさん活躍されていたんですね。


ゴーストバスターズ (1984)、 ゴーストバスターズ2(1989):脚本・出演

恋愛小説家 (1997) :出演
アナライズ・ミー (1999): 監督・脚本
他多数





ご冥福をお祈りします。