Butabana

2014/05/13

【漫画】「美味しんぼ」福島鼻血描写問題に非難殺到集中砲火!それに対し原作者の雁屋哲氏も反論!





漫画「美味しんぼ」鼻血描写に集中砲火 福島知事「極めて残念



 現在問題になっている漫画「美味しんぼ」の鼻血問題が波紋を大きく広げています。







 主人公が福島第1原発を訪問後に鼻血が出てくるという描写に、各関係者から非難が相次いでいるというニュースが報じられました。


”福島県の佐藤雄平知事は12日、「風評被害を助長するような印象で、極めて残念」と批判した。

”大阪市と大阪府は12日発売号で、震災がれきを受け入れた大阪市内の焼却場近くの住民が鼻血を出したり、目やのどに不快な症状を訴えたりしていると表現されたのは事実無根として小学館に抗議文を出した。



”橋下徹市長
「根拠を示してほしい。取材が甘い」と指摘


”菅義偉官房長官「住民の被ばくと鼻血の因果関係は考えられない」



”下村博文文部科学相も第1原発を視察後、「科学的、医学的な根拠はない。福島県民にとってひどい迷惑だ」と述べた。



”自民党の石破茂幹事長「福島の気持ちに添う形でなければならない。風評被害を払しょくしようとする中で、それに逆行することは自制すべきだ」



”週刊ビッグコミックスピリッツ編集部は12日、「否定的な意見も多く、因果関係を断定するものではない」とするコメントを発表。「議論を深める一助となることを願って作者が採用したもので、編集部もこれを重視して掲載した」とした上で、19日発売号で、識者の見解や批判も含めた意見を特集記事として掲載するとしている。



「美味しんぼ」の作者である雁屋 哲(かりや てつ)氏がはたしてどこまで綿密に取材と調査をして、あの鼻血描写を表現したのか、その根拠が欲しいところですね。



 雁屋 哲氏は、いずれ批判に対する本格的な反論を出すとしています。 





 まず、今月9日の自身のブログでは

 「書いた内容についての責任は全て私にあります。スピリッツ編集部に電話をかけたり、スピリッツ編集部のホームページなどに、抗議文を送ったりするのはお門違いです」

 としており、全責任を持つ、とまで言ってます。


 今月4日のブログにて

 「私は自分が福島を2年かけて取材をして、しっかりとすくい取った真実をありのままに書くことがどうして批判されなければならないのか分からない。真実には目をつぶり、誰かさんたちに都合のいい嘘を書けというのだろうか」

 と、今回の相次ぐ批判に対して反論してます。


 今月19日以降に発表するという、本格的な反論とは、いったいどういう内容になるのでしょうか??